女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

顔の赤み

「小鼻の赤み」原因4つを徹底解析!化粧水を使った解消方法

投稿日:

小鼻の赤みで悩んでいる人は少なくない

小鼻が赤いと「疲労感」「生活感」「老けて見える」などのデメリットが多く、悩んでいる人も少なくありません。メイクで隠してしまえる部分ですが、どうして小鼻が赤いのか、原因をしっかりと理解して対策することが大切です。今回は、小鼻の赤身の原因についてご紹介します。小鼻の赤みで悩んでいる人は少なくありません。小鼻が赤いと「疲労感」「生活感」「老けて見える」などのデメリットが多く、悩んでいる人も少なくありません。メイクで隠してしまえる部分ですが、どうして小鼻が赤いのか、原因をしっかりと理解して対策することが大切です。今回は、小鼻の赤みの原因についてご紹介します。

⦁ 小鼻の赤みの原因

小鼻の赤みの原因は、大きく分けて4つあります。毛細血管拡張症、脂漏性皮膚炎、酒さ様皮膚炎、肌の炎症です。小鼻は毛細血管が多く存在する部分であり、皮脂腺も多いため炎症や皮膚炎が起きやすい場所なので、小鼻の赤みの原因を自分で理解しておくことが重要です。

 

(1)毛細血管拡張症

いわゆる「赤ら顔」と呼ばれるもので、顔の毛細血管が拡張している状態のことを言います。毛細血管が拡張すると、肌に透けて見えてしまいます。その状態が小鼻の赤みの原因である可能性があります。もともと色が白い人や、暖かい地方と寒い地方を行き来することが多い人は毛細血管拡張症になることがあります。顔がほてりやすいというのも毛細血管拡張症の症状のひとつなので、当てはまっている場合は毛細血管が拡張することによって小鼻が赤くなっていると言えます。

 

(2)脂漏性皮膚炎

朝起きたときや、脂っこいものを食べた時に額や鼻のテカリが気になる人は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。マラセチアという肌の皮膚に常在している真菌(カビ)は、皮脂を主食にしています。小鼻の周りで皮脂が異常に増えてしまうと、常在菌であるマラセチアも以上に増えてしまうため、皮膚炎を起こしている状態だと小鼻が赤みを帯びます。肌荒れや肌のカサつきが症状として見られているので、小鼻の周りをチェックしてみましょう。赤みが回復したり、再発したりを繰り返している場合や、かゆみが多い時は脂漏性皮膚炎のことが多いです。

 

(3)酒さ様皮膚炎

ステロイド剤を長期間使用していることによって引き起こる毛細血管拡張症のことを、酒さ様皮膚炎と言います。小鼻だけでなく、顔全体に赤みが広がっているケースが多く、よく見ると毛細血管が透けてみることもあります。

 

(4)炎症化粧水やメイクなどが肌に合っていない時に炎症を起こしている状態

メイク用品を変えた、スキンケア用品を変えたということがある人は、一度使用を中断することで小鼻の赤みを抑えることが出来ます。

⦁ 小鼻の赤みの解消方法

(1)スキンケア編小鼻の赤みの原因はいくつかありましたが、基本的には洗顔と化粧水の基礎スキンケアで解消できる場合が多いです。理由としては、小鼻の赤みの原因の多くが皮脂や乾燥が原因になっていることが多いためです。

 

<洗顔のポイント>

(1)クレンジングを行うメイクをした後は必ずクレンジングを使う、洗顔はしっかりと泡立てることが大切です。メイクが汗でヨレている状態は、肌に常在菌のエサがたくさんある状態なので、小鼻の赤みだけでなく肌荒れの原因にもなります。クレンジングでしっかりと落とすようにしましょう。

 

(2)洗顔時の温度が重要洗顔を行う時には、35度程度のぬるま湯を用意することと、シャワーを直接顔に当てないということを注意しましょう。お湯の温度が高い状態では皮脂を落としすぎてしまいます。さらに、シャワーは肌に刺激を与えてしまうので、顔には直接当てないようにしましょう。
泡立てネットで泡を立てた後、Tゾーンを中心に洗っていきます。擦り過ぎは逆によくないので、2~3分で洗顔を終えましょう。

 

<スキンケアのポイント>

化粧水はノンアルコール、着色料・保存料を使っていないものを使用しましょう。オーガニックや敏感肌用を使うと失敗が少ないです。洗顔をした後に3分以内にスキンケアをしないと肌が乾燥してしまい、皮脂の量が増えてしまいます。すぐに化粧水を付けるようにしましょう。コットンなどは使わず、手でプレスするように化粧水を染み込ませていきます。2~3回染み込ませてから、乳液でフタをします。美容液などをアレコレ使うよりも、シンプルスキンケアが肌に優しいです。
肌がかぶれている場合や、炎症が起きている場合はセルフケアではなく皮膚科などの受診をおすすめします。

⦁ 小鼻の赤みの解消方法(2)

毛細血管拡張症編赤ら顔や酒さ様などの、毛細血管拡張が原因の小鼻の赤身については、スキンケアとプラスして、イカのことを注意してみましょう。・たばこ、アルコールを控える・ストレスをためないようにする・辛いものを控える・顔を冷やさないようにする。
たばこ、アルコール、ストレス、辛いものは血流を良くしてしまうので、毛細血管の拡張に繋がることがあります。顔を冷やさないようにして、スキンケアをしっかりと行うことで、小鼻の赤みを解消することが出来るかもしれません!

 

⦁ まとめ

いかがでしたか?

今回は、小鼻の赤みの原因と、解消方法についてご紹介しました。小鼻の赤みはレーザーで消すことが出来るようですが、医療機器に頼る前にセルフケアで解消するのもよいかもしれません。どの原因に置いても保湿やスキンケアはとても重要なので、毎日のスキンケアを見直すことで小鼻の赤みの悩みが解決するかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

-顔の赤み

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.