女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さ

『日焼けしやすい食べ物』を避けて、酒さを完治する!

投稿日:

『コンプレックス』は誰にでもあると思います。「目が小さい」、「鼻が低い」…ほとんどの人がその程度のコンプレックスだと思います。私がずっと悩んできたコンプレックスは…『真っ赤な赤ら顔』です。

目や鼻や口の形なんかどうでもいいと思えるぐらいに、お肌が真っ赤に炎症を起こしていました。ニキビや吹き出物のような簡単に治るお肌のトラブルではなく、私のお肌は『酒さ』という原因不明の病気からくる赤ら顔だったのです。今は完治しましたが、その当時は本当に自分の顔が大嫌いで、毎日ネガティブな気持ちでいました。人間は初対面の相手に対して「顔」で第一印象を決めます。相手の情報が何もないのですから、顔を見てだいたいのことを決めてしまいます。他人の気持ちは分かりませんが、きっと当時の私に会った人は皆「顔が真っ赤な人」という第一印象を持っていたと思います。
…暗い話になってしまって申し訳ありません。今の私は、すっかり酒さを完治して、その頃とは全く違った正反対の毎日を過ごせています。
そんな酒さを完治した私が「一番気をつけてやっていたこと」それは、『日焼け対策』です。

おそらく、酒さの方だけでなくても、女性は外出の際に日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりしていると思いますが、それとは別に私は『日焼けをしやすくなる食べ物』を極力食べないようにしてきました。日焼けをしやすくする食べ物とは、『ソラレン』という成分を含む食べ物のことです。レモンやキュウリやセロリやパセリなどがそうです。ソラレンは紫外線への感受性を高め、吸収しやすくしてしまいます。ですので、酒さの完治には『ソラレン』を避ける必要があります。


酒さを完治するというのは、本当に大変です。長い道のりです。しかし、「絶対に完治します!」。
今現在酒さでお悩みの方は、日焼けに注意して、諦めずに頑張ってください。

-酒さ

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.