女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さによる赤ら顔

赤ら顔の原因はもしかしてこれかも?酒さについて

投稿日:

お酒を飲んでもいないのに、顔が赤くなってしまう症状があります。

顔が赤くなる原因は、

  • 赤面症(自律神経の影響による血管膨張)
  • 皮膚が薄いため透けて見える
  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • 脂漏性皮膚炎

など色々あるのですが、赤くなる以外に下記の症状がある方は「酒さ」かもしれません。酒さは症状の軽い順に第1度から第3度に分類されています。

【第1度】紅斑性酒さ

・赤くなった部分にほてりやかゆみを感じる

・洗顔したり化粧水を使ったりするとヒリヒリする

 ※いわゆる敏感肌です。

【第2度】酒さ性ざ瘡

・ブツブツやニキビのような発疹ができる 場合によっては膿が溜まる事も。

【第3度】鼻瘤

・鼻の周りの組織が腫れる・皮膚が固くなる ※すべての人が1度から3度へと進行するのではなく、1度を飛び越えて2度や3度の症状が出る場合もあるようです。では、酒さとは一体どのようなものでしょうか。

酒さの特徴と原因

顔の赤くなる部位としては、鼻・眉間・頬でお酒を飲んだように赤くなる事から酒さと呼ばれています。この赤みは毛細血管の拡張・増殖によるものです。

人によっては偏頭痛を伴う事もあり、これも毛細血管拡張に起因するものではないかと考えられています。

初期症状は軽いため、単純に日焼けと思ってしまうケースや、湿疹やアレルギー、アトピー性皮膚炎との併発などにより気付かないケースなどもあります。

酒さの赤ら顔には持続性にあり、症状が数時間から数週間も続きます。単純な毛細血管拡張症との違いは、酒さの原因に皮脂腺の増加が関わっている事です。皮脂腺の増殖に伴い毛細血管が拡張・増殖するため、悪化していくと赤みの部分に湿疹やニキビのような発疹ができてきます。

さらに悪化すると、結合した組織が増殖し鼻が大きく赤く盛り上がる(鼻瘤)等の症状を示すようになります。皮脂腺が関係するためか、第3度の鼻瘤にまで至るケースは男性が多いようです。 酒さの原因としては

  • ストレス
  • 紫外線
  • 温熱や寒気
  • 飲酒
  • 香辛料
  • 化粧品

などが言われていますが、はっきりした原因は現時点ではまだ究明されていません。 もともと欧米人に多く見られる症状でしたが最近は日本人にも増えており、食生活や生活習慣の変化が影響しているとみられています。

【対処法】

まず、皮膚科に行く事が大切です。

酒さは長い時間をかけて進行するため、今以上の悪化を食い止める必要があります。放置すると最終的には鼻が変形するほど悪化する場合があり、ここまで進行すると手術も必要になってきます。 病院では抗生物質の内服薬や抗菌作用のある塗り薬が処方されます。副腎皮質ステロイドの塗り薬は症状を悪化させるため、使われません。

日常の過ごし方としては、酒さを悪化させると考えられる上記の要因をできるだけ取り除くようにします。 ストレスをためない、温度差が大きい場所は避ける、適度な飲酒を心掛ける、刺激の強い食事を避ける、化粧品は低刺激性のものを使用する、日焼け止めの使用(曇りの日でも必要です)などを心掛けます。特に日焼け止め、基礎化粧品は低刺激のものがお勧めです。患部に触る場合は清潔な手で触るようにしましょう。低脂質の食事に切り替える事も余分な皮脂の分泌を抑える効果があります。 肌の乾燥が気になる場合はほてりによる水分の蒸発が考えられますが、安易に保湿剤を塗るとさらに熱がこもって乾燥がひどくなるという考え方もありますので要注意です。 酒さは完治が難しいため長く付き合わなければならないのが現状ですが、療法によるコントロールが可能な疾病です。肌への刺激を抑える事で症状は出にくくなります。毎日のケアで症状の予防に努めましょう。

-酒さによる赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.