女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

こまった赤ら顔の原因、「毛細血管拡張症」ってご存知ですか?

投稿日:

顔の赤みがなかなか収まらなくて、困ってしまうことって誰でも一度はあると思います。ふとした時に現れるこの顔の赤み、厄介なのとこの上ないですよね。 特に女性の場合は、このいわゆる赤ら顔のせいでメイクに余計な手間がかかってしまったという経験は多くの方にあると思います。 その顔の赤みの原因、実は大半がこの毛細血管拡張症のよるものだってご存知でしたか?現代人のお肌の、大きな悩みの種の一つとなっているこの症状についてお話しします。

・毛細血管拡張症ってなに?

多くの方は、そもそもこの名前を聞いたことがない方が大半かと思います。そこで、まずはこの症状について詳しく紹介します。 そもそも毛細血管とは、全身に張り巡らされた非常に細かい血管のことです。細胞に酸素を与えるだけでなく、体内に蓄積した老廃物を排出する役割を担っています。 とても微細な血管のため、通常はほとんど目に見えません。毛細血管拡張症は平たく言うとこれが拡張されて血流が増して毛細血管が目に見えやすくなり、結果として肌の赤みにつながる、というのがこの症状の一連の流れです。 血流が増えることがこの症状の根本的な原因なので、これを解消することが基本的な治療法となります。

・どこが発症しやすいの?

これが発症しやすいのは毛細血管が密集している部分、特に頬と鼻の周辺が発症しやすい部位として挙げられます。 また、太ももに発症する方も多く、特に女性はホットパンツなどの太ももを露出するファッションができないなどの重大な悩みに直結します。 このように、毛細血管拡張症は顔中心だけでなく、体全身に起こりうる症状であると考えた方がよいでしょう。 毛細血管拡張症について簡単にまとめさせていただきましたが、参考になりましたか?説明だけ聞くととても厄介そうですよね。 しかし!この病気、実は簡単に予防することができるんです。そこで、お次はお勧めの予防法を伝授いたします。

・予防法について

毛細血管というのは、体の変化や調子に合わせてすぐに異常をきたします。逆もまたしかり、生活習慣をちょっと見直すだけで簡単に予防することが出来たり、症状を鎮静化させられるんです。

・激しい温度差はNG!

毛細血管には、気温に応じて収縮し、体の温度を一定に保つ機能があります。熱くても寒くても人間の体温が変わらないのは、実は毛細血管のおかげなのです。 しかし、あまりに寒暖の差が激しい場所を行き来すると、血管が開きっぱなしになってしまうことがあるんです。気温差が激しい場所を行き来を控えるだけでも大分症状を抑えることができます。

・辛い食べ物やお酒は控えましょう!

トウガラシなどの辛い食べ物やお酒は、血管の拡張を促す効果が強い食品です。海藻に含まれるミネラル分も同様です。 一度に大量に摂取すると長い間毛細血管が拡張され続け、まるで伸び切ったゴムの様になってしまいます。この状態になると毛細血管はなかなか元に戻りません。過剰に摂取しすぎず、ほどほどにとどめておくことが大切です。 以上が毛細血管拡張症の予防法です。ぜひ参考にしてみてください。しかし、これらの予防法を実践してもなかなか症状が抑えられない方もいらっしゃるかと思います。 そういった方は皮膚科を受診し、ステロイドなどの薬物治療や、レーザー治療などの光治療を受けることができます。 中でもレーザー治療はいらない血管をレーザーによって消し、血流を整えて顔の赤みを元に戻すことができ即効性のある治療法として人気があります。 自分の手に負えないという方は、是非これらの治療を受けることを視野に入れてみてください。  

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.