女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

顔の赤み

肌の赤みを隠すメイクとは?赤の反対色、緑を使おう!

投稿日:

真っ白で透明感のある肌に憧れているのに、なんだか赤みが気になる・・・肌の赤みでお悩みの方必見!「緑」があなたの透明感を引き出します。一般的に、肌の赤みは肌荒れや、敏感肌などのサイン。当然厚塗りのファンデーションで負担をかけすぎることは良くありません。ですので、できるだけ肌に負担をかけずに赤みをカバーできる方法を紹介します。 まず、色味を隠すには隠したい色の反対色(補色といいます)を使うということを覚えておいてください。皆様がお悩みの「赤」の補色は「緑」なので、緑のコントロールカラーを使っていきます。肌色に緑?!宇宙人じゃないんだから・・・と思うかもれましせん。

しかし、緑系のコントロールカラーはいろいろなメーカーから発売されています。そのなかから、おすすめのものを紹介します。

・トーンアップベースクリアグリーン(伊勢半/キスミーフェルム 648円)

まさに肌の赤みをカバーするための化粧下地です。下地にコントロールカラーの役割がプラスされているので、時短にもなります。うるおいもキープでき、光を拡散するパウダーも配合されているのでおすすめです。お手頃価格なところもGOOD!

・インテグレートグレイシィ コントロールカラー グリーン(資生堂/インテグレートグレイシィ 864円)

グリーン、ピンク、ナチュラルの三色展開のうちのグリーンです。クリーム状ですが、伸びが良く、軽い使い心地でべたつかないので快適に使うことができます。こちらもプチプライスなので試しやすいです。

・エレガンス モデリングカラーベースEX UV クール(Elegance 4860円)

エレガンスは大人っぽいイメージに仕上がると評判のメイクブランドです。素肌の色をリセットするかのように赤みを消してくれます。フェミニン、フレッシュ、クール、シャープ、ナチュラルの5色展開となっており、赤みをカバーするのはクールです。値段ははりますが、本気で赤みとさよならしたい方にはおすすめです。

・RMK ベーシック コントロールカラー(RMK 2160円)

根強い人気を誇るメイクブランド、RMKのコントロールカラーです。シルバー、コーラル、グリーン、パープルの4色展開で、このうちのグリーンをお使いください。赤みを消しながら肌を均一に補正してくれるので、きれいな肌に仕上がります。

・モアザン モイスチャーコントロールカラー(マリークヮント 2700円)

見た目もかわいい!マリークヮントのコントロールカラーです。グリーンとブルーの2色展開で、こちらもグリーンがおすすめ。赤みに加え、ニキビ跡などをカバーする働きもあります。球状の「スムージングポリマー」が配合されているのでなめらかな肌に仕上がります。

・NOV ベースコントロールカラー ナチュラルイエロー(NOV 2700円)

顔の赤みで悩んでいる方は、敏感肌の方が多いです。NOVは敏感肌用の化粧品メーカーなので比較的安心して使うことができます。こちらはグリーンではなく、イエローのコントロールカラーですが、肌の赤みを消す効果があります。敏感肌でもメイクはしたいですよね。いままで化粧品でかぶれたことのある方などは、少しずつ試してみると良いでしょう。

 

まとめ

プチプライスの商品から、敏感肌用のものまで、様々なコントロールカラーをご紹介致しました。使ってみたいものはありましたか?

コントロールカラーは、メイクをする際、下地を塗ったあとに使ってください。紹介したものの中には、下地の役割も果たす商品もありますので、それぞれのコントロールカラーに合わせて使用することが大切です。肌の赤みの原因は、敏感肌や乾燥肌、ニキビやニキビ跡など様々ですが、いずれにせよ肌に負担をかけすぎることは素肌をより赤くしてしまうことにつながります。化粧品はあまり厚塗りしすぎず、自分に合ったものを探しましょう。ここに記したもの以外にもたくさん緑系のコントロールカラーがありますので、いろいろ試してみてください。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-顔の赤み

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.