女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さ

酒さの初期症状を見逃さないで!

更新日:

酒さの初期症状を示す3つのポイント

酒さは原因が不明なだけに、その初期症状も人によってバラツキがあるようですが、酒さであると確信したときにはすでそれを巻き戻すために膨大な時間がかかると言われています。酒さは痛みを伴わないために、ちょっとした肌荒れと見分けがつきにくく、つい「まぁ様子見にしよう」となりがちですが、肌荒れやアレルギー、アトピーと異なり3つの症状が同時に発生します。

それは

  • 赤み
  • かゆみ
  • 火照り

です。

このうち、赤みとかゆみは、肌トラブルでよくある症状ですが、火照りが危険信号です。

わたしは接客業のため、顔は命であり、職業柄マスクをすることができません。また、二児を抱えるシングルマザーなので、酒さは仕事を失って家族が路頭に迷うという切実な恐怖がありました。わたしが、酒さに気付いたのは、頬の赤みが3日経っても消えなかったことからです。アレルギーには気を使っていたので、使っている化粧品が原因ではないことに自信を持っていました。そこで皮膚科にかかったところ「酒さの疑いがあります」と診断されながらも、断定するまでにはいくつもの検査をしなければならないと医師から告げられた時、はじめて「酒さ」という病気の存在を知ったとともに、その病状に背筋が寒くなるほど怖かったことを覚えています。酒さなんて言葉は聞いたこともなかったので、病院からの帰りにスマホで、酒さを検索し、その写真を見て、心臓に杭を刺されたような衝撃が走りました。あまりに醜い女性の顔ばかりだったからです。

「こんなことになったら、もう仕事ができない。子供たちを養うこともできなくなる。検査なんか待ってられない」

頭から一気に汗が吹き出しました。そのまま、スターバックスに入り、検索を続けると、酒さを治したという記事がいくつもあり、わたしはそこで使われていた美容液やサプリなど、片っ端からすべてその場で購入しました。

酒さの初期症状だったとわかったのは治ってから

すべて通販だったので、すべてがすぐに届き、わたしは即刻使い始めました。毎朝、起きて鏡を見るのが恐ろしい日々が何日も続き、赤のカウンターカラー系のファンデーションで抑え込んでいましたが、それも1カ月が限界で、

「もう、ダメ・・・」

と血の気が引く思いをし始めたころ、ようやく鼻と頬の赤みが引き始めたんです。酒さが治り始めている、そう思い込みたい自分の気持ちが、赤みが引いたように思い込んでいると自虐的な見方をしていたのですが、2週間ほどで元の肌色に戻りました。このとき、まだかかっていた皮膚科では、酒さの判定は出ていなかったので、酒さだとは断定できない状態だったのですが、試しに、通販で購入した商品をすべてやめてみたところ、10日ほどで、鼻と頬に赤みとかゆみが発生し、あの火照りまで出始めたのです。これでわたしは、酒さの初期症状だったと確信しました。それと同時に、塗り切れないほどの美容液と、一回では飲み切れないほどのサプリのどれかが効いていることを確信し、今は、どれが効いているのか、ひとつづつ無くしては10日様子を見ることを繰り返しています。

酒さを初期症状で抑えたことによって、わたしは、酒さを発症したことを子供にすら気づかれずに済んでいます。もし、「赤み、かゆみ、火照り」の3つを感じたら、まず、知りうる限りの情報を集めて、すべてを購入し、まずは、酒さを抑え込むことに専念することをおすすめします。ここでわたしが自分で試した商品を書かないのは、責任が取れないからです。中には、いかにもいい加減な記事に掲載されていた商品もあるのですが、酒さの症状の写真を見たときの恐ろしさに比べれば、試すことくらいどうってことありません。むしろ、初期症状のうちに手を打たずに、後悔することの方がダメージ大きいです。

まだ皮膚科に通ってはいますが、感覚的に現代の皮膚科で酒さを治すことはできないと思います。

結局、治ったというひとの体験以外、酒さについては、まだまだ頼るものがないと感じています。

 


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-酒さ

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2018 AllRights Reserved.