女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

ニキビの赤ら顔にあったファンデーション選び

投稿日:

赤ら顔には様々な要因があり、肌が薄いことによる赤ら顔から、ニキビ跡によるもの、刺激により毛細血管が開いてしまうことで赤ら顔になるものなどがあります。今回はその中でもニキビ跡に悩む赤ら顔の方に向けたファンデーションなどのベースメイクの選び方をご紹介したいと思います。

 

[タイプ別] ファンデーションの相性

ファンデーションには、クリームタイプやパウダータイプなどいくつかの種類がありますね。その中で、使うのは要注意なアイテムと、使うべきアイテムをご紹介したいと思います。他にもコンシーラーや化粧下地についての相性も載せておきますのでベースメイクをする際の参考にしてみてください。

・クリームタイプ

クリームタイプは、とろみがあってしっとりしていますよね。それは油分が含まれているからなのですが、油分があることによりニキビの原因とも言えるアクネ菌が繁殖してしまいます。アクネ菌は油分を栄養源として繁殖するので化粧品やコスメは油分の少ないものを選ぶといいでしょう。

 

・パウダータイプ(ルースパウダー)

パウダータイプはオイリー肌の人にはおすすめのアイテムです。油分を過剰に摂取しないのでニキビ対策になるのです。ただ、パウダーだけでは粉浮きしてしまい付きにくいという場合がありますよね。その際には保湿成分が配合されているしっとり系のパウダーファンデーションを使うといいでしょう。

 

・コンシーラー

パウダーファンデーションだけではどうしてもニキビが隠れなくてメイクが気になってしまう方も多いかと思います。その場合はコンシーラーを使用してください。使用する際はどうしてもニキビ跡を隠したい部分だけ使うようにすることがポイントです。

 

・化粧下地

化粧下地は油分を含んでいてニキビには適しません。なので、保湿美容液などを塗った上から直接パウダーを重ねて塗るほうが肌にはいいでしょう。BBクリームなどは、初めに使用するときに油分とクリームが分離していることが見られます。それほど油分が含まれているということなのでなるべくなら使用しないほうがニキビ予防にはいいですね。

 

赤ら顔に合うカラーコントロールは「黄色」

ベースメイクの中にはカラーコントロール用の商品が販売されていますね。赤ら顔がどうしても気になる方はこうしたカラーコントロールを使用してみるのも一つの手段です。顔の赤みに効果があるのは「黄色」か「緑」と言われています。肌の色が綺麗に補正されるので赤みが目立たなくなるのです。

 

赤ら顔専用のファンデーション、コンシーラーが販売されている

ファンデーションは店頭やネットで数多く販売されていますよね。その中でどれを選べば赤ら顔対策と予防ができるのかわからない方も多いかと思います。パウダーファンデーションと言っても種類は豊富。どのブランドが自分の肌にあっているのか探すのはちょっと面倒なんて方もいるかと思います。そんな方は赤ら顔専用のファンデーションやコンシーラーを購入してみてはいかがでしょうか?ネットで検索すればすぐにヒットされますので探す手間もありません。どのファンデーションがいいのか悩んでいるのでしたら試す価値はありそうですよ。

ニキビの赤ら顔に合うファンデーションを探してみましょう

どのタイプのファンデーションがいいのかわかったところであとは店頭やネットでアイテムを探すだけ。油分の含まれていない、ニキビに安全なファンデーションを選んでみてください。肌の改善にもつながりますし、新しいニキビを防ぐ効果もありますのであとは実践あるのみです。ファンデーションだけではなく、化粧品も気を使うことでより効果は上がりますので是非スキンケアとベースメイクは肌に合ったものを探してみてください。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.