女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さによる赤ら顔

酒さによる赤ら顔でレーザー治療を絶対に避けた理由

更新日:

レーザー治療はあとできっと後悔する

わたしの母は、40歳のころに頬にイボができたことがあり、そのときレーザー治療を受けています。施術直後は焼けただれたようになったものの、1週間程度で跡形もなくきれいになったそうです。

その母の顔は、いまでは突っ張ったようなテカテカの、いわゆる成型顔です。レーザー手術から10年ほど経ち、50代に入ったころから徐々に肌が突っ張るようになり、ビニール人形のような頬の肌はもう元に戻ることはありません。

誰もが知っているレーザー治療の原理

レーザーは、単純に言うと「熱線」です。脱毛でもよく使われるので、このような図を見たことがある方が多いと思います。

酒さの赤ら顔とレーザー治療

照射されたレーザー光は、毛根のメラミンに吸収され、ここで高温を発します。その結果、毛根の細胞が死滅し、毛が抜けるとともに、その場所では細胞が死んでしまっているために、もう毛が生えてこないというのがレーザー脱毛の原理です。

これで、もうおわかりかと思います。レーザーは母の頬に発生したイボを細胞ごと死滅させてしまったので、イボ自体は消えたのですが、頬の毛母細胞を含め、その他の皮膚組織まで殺してしまったために、母の顔は毛穴を失って、ツルツルのテカテカになってしまったのです。このような結果を目の当たりにしていたわたしは、酒さによる赤ら顔に悩みながらも、「レーザー治療だけには手を出さない」と決めていました。

もちろん、レーザー治療は即効性があります。酒さの赤ら顔にも効果があるかもしれません。でも、その原理は顔の細胞を殺すことにある以上、一過的な効果でしかないのです。

レーザー治療はシミを発生させるリスクが

これはよく聞く話ですよね。顔のシミを取るためにレーザー治療をしたのに、かえってシミがひどくなったと言うのは非常に多い失敗例です。結局、レーザーは皮下の色素に吸収されることで熱を発生し、その熱で細胞を焼死させるため、人によって皮下の色素が違う以上、その強度を調整するのは医師の勘に頼ることになります。

酒さの場合どうでしょう?そもそも、赤ら顔なので人より色素が多い状態です。このため、普通の人より弱いレーザーにしなくてはならないのですが、酒さでの顔の赤さは人によって千差万別です。色が濃ければレーザーを弱くしなくてはなりませんし、薄ければその分強くしなくては必要な熱が発生しません。

ここで厄介なのが、光の吸収は、人の目で見た濃度とは異なるということです。黄色に近いルビーレーザー、赤に近いダイオードレーザー。それぞれの色を照射された肌の細胞が吸収することで温度が上がり、シミなどの色素が分解されるわけですが、目で見ただけでは黄色が吸収される肌色か、赤が吸収される肌色かは見分けがつきません。ましてや酒さの赤ら顔は普通の肌の色味とは全く異なります。結局は医師の感覚に依存するために失敗が後を絶たないわけです。

レーザー治療を避けたことで時間はかかりましたが

こういった理由でわたしはレーザー治療は避けました。その結果、とても時間はかかりましたが、いまのわたしの頬はこんな感じに復活しています。

酒さの赤ら顔をレーザー治療で

化粧水での外側からのケアと、サプリメントでの内側(体内)からのケアでここまで元に戻ってくれました。もし、レーザー治療で回復していたとしたら、わたしはいつ母のようなテカテカのプラスティックのような整形顔になるのかと不安でたまらなかったと思いますが、そんな心配は一切ありません。

苦しくてもレーザー治療だけはしないことをお勧めします。

医師も商売ですから、「レーザー治療は安全」と言いますが、ネットで調べれば、その失敗例は膨大な数が出てきます。訴訟にもなっていますが、敏腕弁護士が出てきて「レーザー治療との因果関係は証明できない」として敗訴するケースが多く、仮に勝訴しても、結局はお金が支払われるだけで、顔が元に戻ることはありません。

レーザー治療だけは絶対に避けるべきです。あとから後悔しても、失った肌の細胞は取り返せませんから。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-酒さによる赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2018 AllRights Reserved.