女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

私の『肝臓』は、赤ら顔改善の救世主になるのか!?

投稿日:

『酒さ』のせいで、私は会社を辞めました。もう2ヶ月間、無職で部屋にこもっています。恥ずかしいのです…この赤ら顔が。どうして私だけ、こんなに真っ赤に炎症を起こした顔なのでしょうか。酒さという病気は、本当に厄介です。原因や改善方法がない病気なのです。前の会社では受付嬢の仕事をしていました。私にとって受付嬢は本当に天職でした。しかし、ある日突然、『酒さ』が発症しました。自分で言うのもなんですが、私は以前まで自分の顔に自信を持っていました。男性にもモテてきました。そんな顔を活かして、私は受付嬢になったのです。

しかし、そんな顔が…真っ赤に炎症する病気になってしまったのです。炎症といっても、赤面症のような可愛い赤さではなく、激しい真っ赤です。いつしか、受付嬢の私を見る人々の目は、『好意的な目』から『可哀想なものを見る目』に変わっていきました。見ちゃいけないものを見るように、私は見られました。そんな毎日に耐えられなくて、私は会社を辞めました。

今、お薬を塗ったり、漢方を飲んだり、色々なことを試しています。しかし、おそらく…改善はないと思います。
ですが、いつまでもネガティブに生きるのは、「あまりにも人生の無駄遣い」だと思いました。もう、「悲しい涙は流したくない!」、「この赤ら顔を絶対に改善したい!」と心から思ったのです。
そこで私が目をつけた改善方法は、「肝臓を元気にする」という方法です。酒さを完治した人のブログに「赤ら顔」と「肝臓」の関係が書かれていたので、私もそれを参考にしようと思いました。

肝臓は、体内の「毒」を分解してくれる役割があります。アルコールも肝臓が分解してくれます。「顔が赤くなる」というのは、「体に毒素が入ってきました!」という体からのサインなのです。要するに、「肝臓を元気にすることで、赤ら顔は改善できる」ということだと思うのです。
まだまだ自分の赤ら顔について落ち込むことも多いのですが、「絶対に改善する!」と前向きに考えながら、色々と試してみようと思います。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.