女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さ

酒さが鼻から始まったわたしのケース

更新日:

鼻の赤みが、酒さだとは気づかなかったせいで対処が遅れてしまった

鼻か赤い。わたしが気づいたのは、朝、鏡を見たときでした。「いやだな~」と思いながらも、この時は、酒さだとは全く頭に浮かびませんでした。思い当たるどころか、わたしは「酒さ」なんて病名自体を言葉として知らなかったのです。わたしが気にしなかった理由はもう一つあります。前日、鼻がむずがゆかったので、ポリポリと掻いていた記憶があったからです。鼻の頭がかゆいことなんてしょっちゅうある話です。でも、気にしだすと、ついかゆいような気がして掻いてしまうのが鼻。せっかくファンデーションでなんとか隠しても、つい掻いてしまうものだから、仕方なくマスクをして会社に出ていきました。

それから数日間、一向に鼻の赤みは収まることなく、むしろより濃い色になっていったものの、わたしは「搔いてしまうから赤くなる」という認識でしかありませんでした。

鼻から頬に広がっていく酒さ

一週間か、10日ほど経過したころだと思います。両頬の出っ張り部分が酔っぱらって紅潮したかのように赤みを帯び始めたのは。このころのわたしは、アレルギーを疑い始めていました。ちょうど3月で花粉の季節だったため、テレビでは連日天気予報で花粉注意報を流していた時期です。わたしは花粉症は無かったものの、ついに自分もかかったかなと思い、その週の土曜日、耳鼻科へ行ったのですが。

酒さという病気との対面

耳鼻科では、鼻の奥まで検査してくれましたが、アレルギーの症状は一切無いとの診断結果でした。あわせてアレルギー診断もしてもらったのですが、陽性物質は無し。医師の口から出たのは「酒さかもしれませんよ」。そのときはじめて「酒さ」という病名を耳にしました。「しゅさ」と聞いても、どのような漢字を書くのかも思いつかない有様です。医師からは、皮膚科で見てもらうことを勧められました。

酒さという病気の難しさ

皮膚科に行って驚いたのは、「酒さ」という病気を断定する手段が無いということです。鼻と頬が赤らむ他の症状を虱潰しに検査していって、すべてが陰性だった場合に、はじめて「酒さ」と断定されるのです。世の中には、未知の病気がいくらでも存在します。ほかの疾病ではないから「酒さ」。そんな理屈が納得できない一方、酒さでも何でもいいから、早く顔の赤みを無くしたいという一心で治療法を尋ねて更にわたしは驚きました。「酒さは、原因不明で決定的な治療方法が無い」。ハンマーで後ろ頭を叩かれたような衝撃でした。このまま一生、トナカイみたいな赤い鼻のままなのか、表現のしようが無い不安と絶望感に見舞われているわたしに医師が追い打ちをかけるように言ったのは「鼻だけだった時に治療を始めれば、もっと軽く済んだかもしれないのにね」。あんな鼻の赤み程度で「酒さ」なんて病気を思いつく人がいるでしょうか。あまりに無神経で残酷な言葉にわたしは声を失いました。

結局、救われたのはネットの情報

それから皮膚科通いが続きましたが、一向に良化せず、皮膚科の医師は聞く耳を持ちませんでしたが、ネットで出ている酒さの体験記事に出ている方法を片端から試しました。試した美容液とサプリメントの数は日に日に増えていき、毎日8種類もの美容液でマッサージし、12種類ものサプリメントを日に2回服用していました。でも、その甲斐あって、ある時期からいきなり鼻と頬の赤みが引いていったんです。

これがわたしの今の鼻と頬です。

酒さの鼻

いまでこそ、鼻の形は普通ですが、ひどかったときはボコボコでした。鏡を見て、何度も泣きました。

どの美容液、あるいはどのサプリメントが効いているのかわかりませんが、今の数を減らして再発させることだけはできないので、特定する気はありません。

でも、赤みが引いていった順が、頬から鼻だったので、症状が出た早い段階で手を打った方が治りは早かったのだろうと思います。

酒さは、とにかく悲惨です。「もしかして」と思ったら、早めにケアすることをお勧めします。酒さは顔のことだけに深刻な病気である反面、命にかかわらないせいで医学的な研究があまり進んでいないと思います。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-酒さ

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2018 AllRights Reserved.