女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

悩みに悩んだ赤ら顔、実は「あっかんべー」で改善できる!

投稿日:

若い頃は「お肌が白くてキレイだね」と言われてきました。そんな私が、まさか大人になった自分が「赤ら顔の改善」にこんなにも悩まされるとは思ってもいませんでした。私は35歳から40歳にかけて、急に頬にニキビのようでニキビでないブツブツができて顔全体が真っ赤に炎症を起こしはじめました。

一目で分かる「赤ら顔」。実はこれってけっこう厄介な「酒さ」という病気なのです。厄介な理由、それは「この赤ら顔の明確な改善方法がまったく不明」ということにあります。改善方法がない赤ら顔に、私は本当に悩みましたし、時間とお金をたくさん使ってきました。

色々と試してきて、改善効果があったことや改善効果がなかったことなど実体験として分かってきて、今はそれなりに改善はされたのですが、今振り返ってみて、私の中で一番改善効果があったと思うの方法があります。それは、「あっかんべー」です。「あっかんべー」とは、そうです。あの子供がよくやる舌を「ベーーっ」と出す行為です。そもそも、酒さによる赤ら顔の治療について、気候や生活習慣などの外的要因の改善が必要だとよく言われていますが、実体験としてそれだけでは全く改善されません。やはり、それらに加えて赤ら顔になる大きな原因のひとつに、「精神的ストレスからくる身体の筋肉の緊張」があります。

現代社会はストレスが多く、緊張状態で働く自律神経の「交感神経」が常に優位で働いており、身体がずっと緊張してしまっています。自律神経のバランスを保つことの大切さについては、厚生労働省のサイトにも記載されている通りです。ストレスにより身体の筋肉が緊張すると、脈拍が上がり、その結果、血圧が上がり、毛細血管が拡張される為、顔が真っ赤になってしまうのです。要するに、ストレスを抱え込みすぎている以上、赤ら顔は永遠に改善されないと、私は実体験として確信しました。そんな時に試したのが、「あっかんべー」と舌を出す方法です。舌は、目に見える部分は少しですが、実は内臓に繋がる大きな筋肉の塊であります。従って、そんな舌を意識的に動かしてみることで、身体全体の筋肉をリラックスすることができるのです。

 

「あっかんべー」をして、まっすぐ前に突き出したり、前に出したまま左右に振ってみたり、それらの動作を何度か行うだけで身体の力が抜けていく感じが分かります。スポーツ選手などをよく見てみると、緊張する大事な場面で舌を出して身体の筋肉をリラックスさせている選手が多く見受けられます。もちろん、舌を出すことだけが赤ら顔を改善する方法ではありませんが、私はこの方法を数年間続けてきて、今現在、目に見えて赤ら顔が改善されているのを実感しております。原因や対策が不明である「赤ら顔」について、私の中では「あっかんべー」が一番改善に効果があったように感じました。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.