女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

『糖化』を理解すると、赤ら顔を治すことができます。

投稿日:

「普通の方法では、酒さを治すことはできません。」これは、私が数年間酒さに悩んできて実体験として分かったことです。酒さとは、絶対に治すことができないと言われているお肌の病気です。顔の毛細血管が拡張し続けて、お酒を飲んでいるかのような赤ら顔になってしまいます。調べていただければ分かると思いますが、酒さが発症した方は皆さん大変悩まれています。私も悩み苦しみました。治し方が分からないからです。もちろん、最初から『酒さ』だと分かったわけではありません。最初はニキビや吹き出物だと思い、「ほっとけばいつか治るだろう」と軽く考えていましたが、数ヶ月経っても一向に治らず、その後、薬局でビタミン剤や塗り薬などを買って使ってみましたが、まったく効果はありませんでした。そこで初めて病院に行き、酒さだということが判明しました。


原因も治療方法も分からない厄介な病気、酒さ。しかし、私は「治すことはできる」と信じています。実際に、ネットなどで個人が発信している酒さについての情報を見ると、「赤ら顔を治すことに成功した」と書かれているものが多数あります。そして、それらの情報の中で最も多い『酒さの赤ら顔を治すことができた方法』というのが、『糖化を防ぐ』ということでした。

『糖化』とは、糖質を沢山摂取することで血中のブドウ糖が増えてしまい、それがタンパク質と結びついてしまうことで『糖化最終産物』という最悪な物質に変化してしまいます。この糖化最終産物こそが、赤ら顔の真っ赤な炎症を引き起こす元凶であり、原因なのです。糖化を防ぐことが酒さの赤ら顔を治す方法であると考えた時、その為の一番の方法は『日々の食事で糖質制限をする』ということになります。
精製穀物や砂糖などを意識的にカットすると糖化を防ぐことができますので、まずはお米やパンなどの量から少しずつ減らしていくことをオススメします。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.