女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

顔の赤み

『セロトニン』が、どうして頬の赤みを治すのか?

更新日:

頬が、まるでお酒を飲んだ時のように赤く炎症し続ける病気、“酒さ”。そんな酒さによるお肌の赤みに悩まされている方は非常に多く、悩みの大きな要因は「発症原因や治療方法が分かっていない」というところにあります。

顔の毛細血管が拡張することで血流が良くなり頬が赤みが増すというシステムは分かっていても、なぜそうなってしまうのか「分かる」とも言えるし「分からない」とも言えるのです。そのように酒さの治し方について の回答が曖昧になってしまう1つの例として“セロトニン”があります。

セロトニンは、バナナやトマトなどに多く含まれていて、ヒスタミンやチラミンなどとともに“仮性アレルゲン”という化学物質に含まれます。この仮性アレルゲンは、血管に作用する物質とされている為、酒さの方は避けるべきだと言われています。もちろん、その情報の通り“肉体的”にはセロトニンが頬の赤みを悪化させるとは言えますが、セロトニンは“精神的”に酒さを改善する効果があるのです。“ストレス”が原因で酒さになっている方は、自律神経の中の“交感神経”が常に優位な状態になっています。それにより、毛細血管がずっと拡張している状態になり、頬の赤みが増すのです。セロトニンは、そんな交感神経の緊張状態を和らげて“副交感神経”を優位にしてくれる効果を持っています。うつ病やパニック障害の方はセロトニンが足りないと言われているように、セロトニンは精神を安定させ、心に幸福感を与えてくれます。


このセロトニンの例でも分かるように、酒さによる頬の赤みの原因は“それぞれ違う”ということです。原因や改善方法が分かっていれば、酒さはここまで厄介な病気とされなかったと思います。
「自分に合った酒さの治し方」を見つけるまでは、色々な情報を集めて、効果がありそうな方法を手当たり次第に試してることが必要ということです。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-顔の赤み

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2018 AllRights Reserved.