女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

顔の赤み

顔が赤くなる原因とは?ただの恥ずかしがり屋じゃ説明つかない病気の話

投稿日:

そもそも顔が赤くなるって病気なの?

何故か分からないけど顔が急に赤くなってきてしまって、不安な気持ちを抱いている人も多いでしょう。しかし、一方で別にこれくらいならすぐに治ってしまうだろうという楽観的な考え方を持っている人も中にはいると思われます。 この考え方は二つとも正解であり、二つとも間違えであると言えるでしょう。顔が赤くなる原因は大きく分けて二つになります。 一つは本当に体質的なモノ。ちょっとの運動で顔がほてってしまい、冬の暖房などですぐに顔が赤くなってしまうのは体質的なモノが関係していると言えるでしょう。そしてもう一つの方は赤ら顔と呼ばれる顔が赤くなってしまう病気の可能性が高いのです。 たとえそれが体質的なモノだった場合でもやはり心配な場合はお医者さんに行かなければならないでしょう。 何もなければそれでいいのですが、顔が赤くなる原因が炎症などだった場合にまた違った治療をしなければならなくなります。  

顔が赤くなる原因とは?考えられる症状

顔が赤くなると言われる赤ら顔にもいくつか症状があります。それを見ていきましょう。

  1. 肌の薄さ、炎症

肌は表面が薄くなると乾燥しやすくなってしまいます。それにより保持していた水分がなくなってしまって、外的刺激を受けやすくなり肌が炎症を起こしやすくなってしまうのです。これは悪いことではなく肌を守るための体の行動なのですが、それがあまりに長く続いてしまうとやはり害ということになってしまうでしょう。

  1. 肝不全

熱がないのに顔が赤くなるなどとなれば、それは重大な問題になるでしょう。やはりそこはまず自身の内側を疑ってかかる必要があります。肝臓の状態なども顔が赤くなる状態として表れてきます。それが肝不全の状態や深刻な病気を現している場合も多いようなのです。本来そのような病状になる人は普段からお酒を飲み高血圧である可能性も高いため、顔が赤くなるのは普通だと考えてしまいがちですが、それが大きな間違いに繋がってきてしまいます。

  1. 糖尿病

顔が赤くなる、そして肥満気味になってしまっているようならば、これは糖尿病を疑った方がいいかもしれません。喉が異常に乾いてしまっていたり、その分尿も多かったりするとそれは命にかかわってしまう可能性が出てきてしまいます。こちらも早めの診察が効果的でしょう。糖尿病になると血糖値が高くなっていきます。血糖値が高くなると、うまく細胞にブドウ糖が運ばれなくなっていき、結果的に皮膚が比較的薄い顔から赤い状態になっていきやすいのです。

  1. 高血圧症

動脈に非常に強い力が加わってしまうのが、高血圧症。それにより顔が赤くなる状態が発生し、肩こりや頭痛などが発生してしまうとこちらを疑った方がいいかもしれません。しっかりと血圧を測って、やはり顔の変化に注意しておく必要があります。上記の糖尿病もそうですが、同じように合併症を起こしやすくなってしまうので顔が赤くなるというのは注意信号でもあるのです。

  1. 病気でない場合もある

それが病気でないと言っても実は自分が気づかない危険信号である可能性があるのです。栄養が偏りがちな食生活であったり、精神的ストレスや胃腸などの調子が悪いとこのような状態に陥ってしまうことがあります。無論温度や湿度の変化などでも、人によっては出てしまうことはあるでしょう。ですが、顔が赤くなるのが、腫瘍だったなどとなってはどうにもならないでしょう。やはり早めの診察が効果的だと考えられます。  

顔が赤くなるときのセルフケアを紹介!

まず肌トラブルを現在持っている人は注意しておく必要があるでしょう。顔が赤くなる状態が肌トラブルによるものなのか、実際発症してきている病気のモノなのか見分けがつかなくなる可能性があります。しっかりと安心できる診察、そして治療を受ける必要があると考えられます。 そして自身でのセルフケアも忘れてはいけない部分でしょう。まず自分の健康状態はどのようなモノなのか?食生活の見直しから始めるのもいいかもしれません。 さらに洗顔の時に角質を削らないように刺激の少ないスキンケア商品を使うことも重要な要素となってきます。顔が赤くなる原因となるのが肌に悪いスキンケアや、思いっきり顔を洗っていることによる細胞へのダメージとも考えられるからです。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-顔の赤み

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.