女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

酒さ

酒さでいつもの化粧品をヒリヒリ感じたら、どうすればいいの?

投稿日:

酒さにかかると、肌への少しの刺激でもピリピリしたり炎症がひどくなったりするので、普段使用している化粧品では症状が悪化する事もあります。よく、アトピーの方用の化粧品であれば大丈夫とされていますが個人差や状態によっては合わない場合もあります。 ここでは基礎化粧品の中でも、肌に直接働きかける化粧水について取り上げてみます。

病院で処方される保湿剤

酒さで皮膚科にかかり、通常処方してもらえるのはヒルビイドとワセリンです。 ヒルビイドは保湿・抗炎症化作用・血行促進作用が、ワセリンは保湿作用があります。 ヒルビイドに関しては、血行促進作用を持つため炎症が収まってからしか使えません。 皮膚炎発症直後は肌に目に見えない細かい傷がありリンパ液や膿が出ている状態で、このような時に血行を促進させてしまうとさらに炎症がひどくなる恐れがあります。 ヒルビイドが使えない時はステロイド剤が処方されますが、炎症の原因がステロイド剤である場合(酒さ様皮膚炎)はこれも使えず、こうなると塗る事ができるのはワセリンのみとなります。 症状がひどい時はワセリンですら刺激を感じて塗る事ができない事もあります。 では、こうなると何も使えなくなるのでしょうか? 次項は、さらに刺激の少ない安全なアイテムを紹介していきます。

医薬品よりも低刺激のアイテム

アトピーの方向けの商品の他に、手作り化粧水・天然水などの、安全性を重視した製品があります。順序としては安全性が高く刺激の少ない順にアトピーの方向け→手作り化粧水→天然水です。 これらは普通の化粧品と比較すると保湿力が落ちますので、乾燥の進行や肌の回復が見られたらもう少し保湿力のある製品へシフトするようにします。

アトピーの方向けの化粧品

最近は各社たくさんの低刺激・敏感肌用化粧水を売り出されています。しかし成分をチェックすると、界面活性剤や防腐剤、アルコールや着色料など化学物質が含まれているものも存在する事が分かります。このような化学物質は肌に刺激を与えるため、購入には成分チェックが必須です。 使用の際も、ラインナップを一度に変えてしまうと肌トラブルが起きた時にどれが原因製品なのか特定できないし、お手入れの方法が変わること自体でトラブルを招く場合もあるため、少しずつシフトしていく必要があります。

手作り化粧水

自分で原料選びからできるため、不要な添加物・化学物質のない化粧水を作る事ができます。 但し防腐剤が入っていないため一度に大量に作る事はお勧めできません。 作り方を紹介します。

使用材料
・精製水

化粧水やスチーム美顔器への使用を前提とした精製水がお勧めです。 参考

・グリセリン

少量しか使わないし鮮度保持もしたいので少量で不純物が少ないものを選んで下さい。 製薬会社などが製造しているものは不純物1%以下、化粧品原料会社だと5%程度です。

・保存容器

密閉できるもので、煮沸消毒のできるガラス製がお勧めです。 プラスチック製を使用する場合はエタノールで消毒をする必要が出てきます。 消毒方法:容器にエタノールを入れて振る。スプレータイプはノズル・スプレー部を通して エタノールを噴射し乾かします。ノズルは乾きにくいため、ある程度乾いてから精製水を噴射し エタノールが残らないようにします。 ※エタノールは揮発性が高く、引火しやすいという特徴があります。 取扱いの時は、必ず火気の無いところで行いましょう!

作り方

・分かりやすい量で表すと、精製水100ml・グリセリン5~10mlの割合で作ります。 これらを消毒した容器に入れ混ぜるだけです。容器の中で優しく振って混ぜて下さい。 グリセリンは保湿と同時に吸水作用があり、濃度が高いほど吸水作用も強くなるので少量から試してみます。 症状の状態変化を見る事と化粧水の鮮度保持のため1週間をめどに使い切りたいので、20mlずつ作る事がお勧めです。炎症がひどい場合はグリセリンの量を2~3mlからにしても問題ありません。 手作り化粧水の保存は冷蔵庫で長くても2週間以内までです。

参考

状態に合わせて、この化粧水に他の成分をプラスする事もできます。例えば酒さ様皮膚炎では、角質層のバリア機能が低下しておりその隙間を埋めるのに セラミドが適しています。セラミドには水と結びつきやすい性質と外部刺激から肌を守ってくれる働きがあります。 セラミド以外にもヒアルロン酸やビタミンなどたくさん種類があるので、ごく少量から加えて試してみるのもよい方法です。普通の化粧品と同じくらいの成分のものを低価格で作れるうえに不要な分もなく、その時の自分に合う化粧水を作る事ができます。

天然水

手作り化粧水でさえ刺激を感じる・悪化する場合や肌を沈静化させたい時・乾燥を補いたい時に使用します。 天然水と言っても普通の水道水ではありません。ここで紹介する天然水とは温泉水や湧水を詰めたスプレーボトルの事です。 主によく使われる2種類を紹介します。

・ターマルウォーター

フランス中西部ラロッシュポゼ村の湧水です。ミネラルやセレンを含み、古くから皮膚のケアに使われます。 公式サイト

・アベンヌウォーター

南フランス・アベンヌ村の温泉水です。 ケイ酸塩による皮膚保護効果があるほかにミネラル等を含みます。 インターネットで購入可能です。1本300ml¥1,500円前後位です。(送料別)

まとめ

酒さの炎症期は何も付けない方が良いと分かっていても、保湿できないと辛い事もよくあります。 ですが、このような状態になっても使える保湿剤が分かっていればとても安心です。 なぜなら一番ひどい状態の時でも使える物があるからです。 炎症時、回復時など症状に合わせて機能回復させることを優先した化粧水を使い、肌を早く回復させてあげるようにしましょう。

参考です:お風呂対策

酒さにかかっている場合、水道水の塩素が刺激の原因になる場合があります。 お風呂の水は大量で化粧品のような対策はできないため、塩素の除去法を紹介します。

・昔はよく日光に当てて塩素を抜く、と言われていましたが実際には日の当たる屋外で6時間以上晒さないと抜けません。あまり現代の生活には向かないですね。 では、簡単な方法です。 ビタミンCを使います。ビタミンCが塩素の塩基と化学反応を起こし塩素は除去されます。 ビタミンCという名でなくアスコルビン酸と表記されている場合がありますが同じものです。 お風呂の除去の場合は150~200ℓに0.2gの使用です。耳かき1杯程度です。 かき混ぜれば除去完了です。入れ過ぎると肌がピリピリしたり痒くなったりするので量が少なく感じても入れ過ぎないようにして下さい。 塩素除去には他にも炭・お茶の葉(出がらしでOK)・ゆずやレモンなど柑橘系の皮が効果ありとされています。 なお、塩素除去をしない場合(通常)も時間をかけて塩素が抜けていきます。 一番風呂は気持ち良いものですが塩素除去してない場合は避けるというのも一つの方法です。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-酒さ

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.