女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

治療が難しい赤ら顔は、セルフケアで改善!

投稿日:

赤ら顔の完治は難しい!?

緊張したり人前で話す時、どうしても顔が赤くなる方や、元々皮膚が薄いために毛細血管が表皮に浮き出やすい方、敏感肌やアトピーのせいですぐに肌が赤くなる方など、人によって原因や状態が異なるため、明確な治療法が確立されていない、「赤ら顔の治療」。しかし、セルフケアによって、完治は難しくても症状を改善させることは十分可能です。

赤ら顔の原因は大きく分けて2種類

まず1つ目は「毛細血管拡張症」と呼ばれるタイプのものです。このタイプの人は通常の人よりも血流の量が多いことが原因で顔が赤くなりやすいのです。 人の皮膚の表皮の真下の「真皮」には、無数の毛細血管が張り巡らされていて、通常の血流の人でも緊張や寒暖差、飲酒などで一時的に血流の量が増えて顔が赤くなることはありますが、「赤ら顔」になりやすい人は通常時でも血流の量が常に多い状態のため、真皮にある毛細血管が常に浮き出てしまう特徴があります。 2つ目は、「酒さ」と呼ばれるもので、やはり原因が特定できていないのが現状です。 特徴としては、中年期以降に発症することが多く、鼻や眉間、頬にニキビのようなものが出来たり、飲酒をしていないにもかかわらず、顔の中心部が赤くなってしまうという症状が出やすいということです。 年齢を重ねてから症状が出ることが多いので、加齢によるホルモンバランスが原因では?との見解もあるようですが、現時点では原因を特定できていないようです。

 完治は難しくてもセルフケアで症状を改善出来ます!

美容皮膚科などでのレーザー治療や、保険適用内の塗り薬などで「一時的に症状を緩和」させることは可能ですが、根本的な原因や治療法が確立されていない現状では完治が大変難しいとされています。自身の状態をきちんと把握するためと、一時的にでも症状を緩和させるためには医療機関の受診は必須と言えますが、やはり日々の生活習慣を改めることが、症状の改善の近道と言えます。 これからいくつかのセルフケア方法をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

洗顔方法を変える

これは赤ら顔の改善には必須と言えるでしょう。現在使用している洗顔料を見直してみることも大事です。 市販の洗顔料やクレンジングには、肌を痛める「スクラブ」系のものや、合成添加物たっぷりのものが多く出回っています。あまりに安価のものは使用している原材料なども、原価を抑えるためにかなり粗悪なものを使用していることも多いです。ですから、多少値段が高くても、肌に優しいものを使用しましょう。 裏面の全成分の表記は必ず見て、なるべく全成分がシンプルなものを選びましょう。 洗顔するときは、泡立てネットなどでしっかりと泡を立てて、あまりゴシゴシこすらず優しくマッサージするように洗って下さい。

ビタミンやミネラルを意識した食事を摂る

食生活も毎日のことなので、赤ら顔改善にはとても重要です。現代人は慢性的な野菜不足のため、亜鉛や鉄分、ミネラルや乳酸菌が足りていません。ですから、意識的に野菜や海藻類、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂取しましょう。腸内環境の乱れが引き起こしている場合も往々にしてありますので、日々これらの栄養素を積極的に取り入れるように努めましょう。

夜のスマホはほどほどに。たくさん睡眠をとろう

夜寝る前についついスマホを見てしまうという方は多いと思いますが、これは脳科学的にもあまりよくないことなんだそうです。ながらスマホはやめて、とにかくしっかりと睡眠をとることを意識しましょう。スマホの代わりにヒーリングミュージックやクラシック音楽などをかけて睡眠を誘導しやすい環境を作りましょう。

化粧水や乳液選びも大切です

backlit toiletry bottles

酒さによるニキビ肌やオイリー肌が原因の赤ら顔の方は特に注意してスキンケア用品は選びましょう。洗顔料と同様、配合されている成分はなるべくシンプルなものを選び、しっとりタイプの化粧水のみにして、いっそうのこと、乳液やクリームなどのオイル系は止めてしまいましょう。敏感肌の方も同様で、あまり色々なものをつけすぎずにシンプルな成分の化粧水やクリームなどで保湿をしっかり行いましょう。 これらの生活習慣を少しずつ変えるだけでも、かなり赤ら顔の症状は改善されていきます。 原因が特定できないということは、遺伝的なものや先天的要因もあるでしょうし、食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣が複合的に重なって引き起こっているとも考えられます。 自身で出来ることからはじめて、じっくりと赤ら顔の症状を改善させていきましょう。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2017 AllRights Reserved.