女性にとって酒さによる赤ら顔は深刻な悩み。しかし、決定的な治療手段が無く、深刻さは増すばかりです。ここでは多くの方から頂いた酒さについての声を掲載します。ご参考になれば幸いです。

酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集

赤ら顔

赤ら顔でも場合によっては要注意!危険な体のサイン?

投稿日:

赤ら顔で悩む方は多いのではないかと思います。一口に赤ら顔と言っても思春期に発生するニキビが原因によるものなのか、慢性的なものなのか、原因や症状も人によって様々であるのは当然のことです。

生活習慣が原因であったり、ストレスなど内面的な部分が原因であったり、場合によってはもっと深刻なことが要因となっていることも少なくありません。赤ら顔と言っても、決して軽視できないケースもあるのでどういった原因が考えられるのか、一度医師に相談してみることをおすすめします。

赤ら顔といっても、気にならない症状の場合ももちろんあります。

アルコールを摂取したときや長時間冷たい外気に触れている眉負の空の下というような環境、一時的に鼻や頬などが赤みを帯びる場合があります。こちらはごく一時的なものなので、あまり大きな影響がなく気にする方も少ないかと思います。

 

一方で、20代や若いうちの赤ら顔というのは、ニキビが起因でない場合は一時的なストレスの蓄積によるものが多いと言われています。ストレスは胃潰瘍を招いたり腹痛を引き起こしたり、体の内蔵にまで害を及ぼす強い影響力があります。同じ環境下でも、人によってストレスの受け取り方は異なるため、なかなか症状の出るまで気付きにくいという点が厄介です。赤ら顔として現れる場合ももちろんあるということを、是非知っておいて下さい。

他にも花粉症の一つとして現れるアレルギー症状が原因である場合もあります。その場合は、時期が過ぎれば比較的落ち着くという方も多いので、その期間だけどうにかしのぐという方法を選択する方もたくさんいます。ストレスやアレルギー物質によるものは、原因のものから遠ざかる、接触を最小限に抑えるなど直接的なアプローチが有効的な手段と言えるでしょう。

一方で、気を付けなければいけないのが、内臓疾患による内部的な要因が引き金となっている赤ら顔です。アルコールを摂取したときに生じる赤ら顔というのも、一般的にはあまり問題視されていませんが、赤い部分と元の肌の色が混合した状態になっている「まだら赤ら顔」は専門家も警鐘を鳴らす危険な症状の現れです。これは肝臓の機能が衰えていることが原因で引き起こされている症状であり、中には顔だけでなく全身に症状が出たりかゆみを伴う方もいるそうです。このように、アルコールに含まれる毒素がいつまでも分解できずに赤ら顔が長引く方は、肝臓という内臓が由来しているので健康面で注意しなくてはいけません


沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、人体のデトックス作用において大変重要な役割を果たしています。肝臓が機能しにくくなると毒素が体内に残ってしまうので、赤ら顔だけでく顔色全般に言えることですが、内蔵疾患の恐れも頭に入れておきましょう。

このように、赤ら顔というのはざっと挙げられるだけでも様々な要因が挙げられます。専門家の医師にかかっても、誤診の多い分野と言われています。それゆえに一人一人がじっくりと自身の体調を考えながら、あらゆる角度から考察しなくてはいけません。

素人判断では危険だから、という概念も大切ですが、時に「この診断で間違いないのだろうか」という考察と、セカンドオピニオンを求めるのが有効的と言えるでしょう。

専門家の見解では、さらに複雑な要因が解明してくることも少なくありません。薬の副作用だったり、あるいは別の皮膚疾患であったりと様々なケースが予想されます。早期で対策すればそれに越したことはありませんので、是非赤ら顔について一度よくご自身でも調べておくと良いでしょう。


  実は、これが効く方法のようです。

今回、記事を寄稿してくれた方々の体験談では、様々なおすすめの方法が寄せられました。

しかし、あまりにバラバラだったため、わたしたちは記事をお寄せいただいた方々に個別に、記事に記載した以外でどんなことを行っているのか伺いました。伺ってみると、記事に記載した方法以外に、「レモンを毎日1個食べる」、「夜22時には寝てしまう」、「氷の入った冷水に顔を漬ける」・・・など、酒さ、赤ら顔から抜け出すために実に多くのことを毎日皆さんが行っていましいた。

そしてわかったこと。

酒さ、赤ら顔を完治した方々に共通していたのは、2つの製品だったのです。効果が出てくるまでに時間がかかるせいで、直近で行ったことが完治できた方法だと思い込んでいる方がほとんどでしたが、これだけ共通していれば、まず間違いないと思います。

酒さ、赤ら顔に悩んでいる方は、ぜひ、この2つの方法を、同時に行ってみてください。どういう関係があるのかは不明ですが、この2つを並行して行っています。多くの方々に伺ったお話から判断して、すぐに効果が出るものではなく、早くて3か月、遅いと半年くらいだったものと推察されますが、価格的にもそんなにかかるものではありませんので、根気強く、やってみてください。

【その1】このプラセンタを毎日3錠飲む。

プラセンタ

あの湘南美容外科が開発したプラセンタ、「うるおい女神プラセンタ」です。

馬や海産物と違い、人間と最も血液の形が近い豚を選んでいることからも、医師らしさが感じられます。いろいろプラセンタを試している中で、このプラセンタを飲み続けているという人が、非常に多かったです。

初回50%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト

 

【その2】この美容液を使う

酒さ、赤ら顔専用に開発された美容液です。今年はベストビューティーアワードにも選ばれ、雑誌「an・an」や「Classy」、「Hers」でも紹介されている商品です。

20%OFFで購入できる公式サイトのページがあったので、リンクボタンを張っておきます。

公式サイト2

この2つを、同時に試してみてください。今回のヒアリングによると、少なくとも3か月はかかるようですが、多くの人が、酒さ、赤ら顔から脱出しています。

-赤ら顔

Copyright© 酒さによる赤ら顔の治し方 〜 体験者たちからの寄稿集 , 2018 AllRights Reserved.